専門学校の学費

専門学校に通うにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか。具体的にかかる種類としては入学金、授業料、実習費、施設設備、教材費などがあります。ですから、授業料はどのような専門学校を選ぶかによって大きく変わってきます。例えば、工業関係の私立の専門学校では、実習費がかさむ場合があり、卒業までに1000万円ほどかかることも少なくありません。医療関係の場合は2000万円ほどかかることもあります。もちろん公立の専門学校の場合は私立よりもかなり安く学費を押さえることもできますが、施設や授業の充実具合で私立ほどではないことも多々あるでしょう。また、専門学校に通うことによって実家から離れて一人暮らしを始める場合は、普段の生活費も決して少なくありません。自分でバイトをしながらの生活だとしても、十分に必要な額を賄うことは難しいでしょう。学費を稼ぐために働いて、結局は授業に身が入らなくなるという悪循環に陥らないように注意が必要です。

また、専門学校の中には各都道府県の認可を受けていないところもあります。その場合は学割の適用がされませんし、卒業しても正式な学歴にはなりませんので、専門学校を選ぶ際にはこうした点も十分調査しておきましょう。